女性の薄毛に良い食べ物・栄養素とは?

スポンサーリンク

食べると髪に良いものは?

習慣にしたい、毎日食べたいもの。朝食の定番にしてしまおう!
・・・アミノ酸スコア100の良質たんぱく質で亜鉛、ビタミンBを含みます。
納豆・・・良質なたんぱく質で、大豆イソフラボンは女性ホルモンにも良い!
ヨーグルト・・・カルシウムも豊富で良質なたんぱく質。牛乳に比べて低脂肪!
ナッツ類・・・アンチエイジングによい抗酸化作用を持つビタミンEが豊富!
次におすすめ。夕食のメニューにはヘビーローテーションしたい!
鶏の胸肉、牡蠣(かき)、鮭、青魚、ゴマ、レバー
脂肪の少ない良質なたんぱく質、亜鉛を含むもの、血行を良くするなど、総合的に良いもの達です。
バランスが大事。緑黄色野菜、柑橘類も食べてね

緑黄色野菜や柑橘類は血行を良くして抜け毛を防ぎます。
結局、健康体でいるためにはバランスのよい食事が大切。

なぜその食品が良いのかという理由

1.食べ物が髪に与える影響

  1. 髪の成分や発育の元となる成分を摂取する
  2. 血行を良くして抜け毛を減らす
  3. 頭皮環境を整える
  4. 女性ホルモンを正常化する
  5. 抗酸化作用のある食品でアンチエイジング

2.この栄養素が薄毛にいい!

見込まれる良い効果と栄養素、食品の対応表です。

効果

栄養素

食品
髪の成分の摂取 ケラチン ケラチンの元のたんぱく質(脂肪分の少ない上質なもの)として、魚、肉、卵、大豆、牛乳
 〃 亜鉛 牡蠣(カキ)
髪の発育 ヨード(甲状腺の働きを助ける) 海藻類
血行を良くする ビタミンE.A,C,F 緑黄色野菜、柑橘類、ごま
 〃 (香味野菜) 生姜(しょうが)
血をサラサラに エイコサペンタエン酸 青魚(イワシ、ブリ、鯖)
頭皮の新陳
代謝
を促進
ビタミンB
玄米、小麦胚芽油、豚肉赤身、レバー、マグロ
抗酸化作用で
アンチエイジング
リコピン トマト
 〃 オメガ3脂肪酸 くるみ(1日に片手に軽く1杯25g程度が適当)
 〃 ビタミンE アーモンド(1日20粒くらいが適当)
髪のツヤや
ハリ、太さ
コラーゲン ゼラチン、サプリメント
(鶏皮や牛筋は脂肪が多いので不適当)

良いからと言って、食べすぎはよくありません。偏らずバランスを考えましょう。
基本は毎日の食事。でも牡蠣を毎日食べるわけにもいかないから、手軽にサプリメントも活用したいですね。

×薄毛に良くないとされる食べ物は

薄毛に良くないとされる食べ物は

  1. 脂肪のとりすぎ(取りすぎなければ良い。毛穴が脂肪で埋まらないように)
  2. 交感神経を刺激する食品(激辛味やコーヒー、紅茶など)

です。

辛いものは血行を良くしますが、摂りすぎてもよくありません。

ストレスも薄毛の原因と言われています。コーヒーの飲みすぎは良くありませんが、一杯飲んでリラックスするなら悪いことでもないかもしれません。

毒ではありませんので、あまり神経質になりませんように・・・